グッチ(Gucci) ショップ

グッチのショップというと東京やその近郊に住む人にとってまず思い浮かぶのは、銀座4丁目に建っている地下1階地上8階建てのグッチビルではないでしょうか。

いつの頃からか都内に海外ブランドの大きなビルが次々とオープンするようになりましたが、2006年11月に銀座にグッチビルがオープンした時にも話題になったことはまだ記憶に新しいところです。

グッチのショップのこれまでのイメージはブラックを基調としたインテリアが印象的ですが、銀座のビルではそんなイメージを一掃するような新しい感覚のデザインになっています。

銀座のグッチビルのインテリアはナチュラルな暖かいイメージで使われている色調もブラウンやゴールド&シルバーやローズウッド、モヘアベルベッドと優しいものが採用されています。

インテリアのデザインを担当したのは、グッチのクリエイティブディレクターのブリーダ・ジャンニーニ氏とインテリアデザイナーのウィリアム・ソフィールド氏で、これからの新しい道が少し見えるようです。

銀座のグッチビルは、地下1階から3階までがショップになっていて、日本国内の直営ショップでは最大の路面店でしょう。

ちなみ4階はカフェで6階はギャラリー、5階はオフィスになっています。

グッチの直営ショップはその他に青山パラシオの1階から3階を占めるグッチ青山や新宿高野ビルのグッチ新宿をはじめとする路面店の他、全国のデパートなどでたくさん営業されています。

また最近は郊外にできる巨大なアウトレットショップが話題になりますが、グッチも栃木県の佐野アウトレットや静岡県の御殿場アウトレット、三重県桑名市のジャズドリーム長島や神戸の三田プレミアムにアウトレットショップを開いています。

その他ネット通販でもグッチ製品はじめブランドグッズを専門に扱うショップをたくさん見かけます。

新品ばかりでなく中古品を扱うショップもたいへん多いのには驚きますが、通販では直接品物を見ることができないので購入する場合には注意した方がよさそうです。

あまりにも価格が安いものは特に要注意です。買ってしまってからその真偽が気になったり、おかしな商品が届いて後悔してもはじまらないことも多々あります。

やはり、直接手にとって自分の目で確かめて購入するのが賢いと言えましょう。

直営ショップで買えば絶対に間違いのないことです。たいていの地域ではそれほど遠くないところに直営ショップもあるはずなので、グッチに限りませんがブランド品の購入は直営ショップがいちばん安全です。

また偽ブランド商品がはびこるのを防ぐためにもユーザーひとりひとりの心がけが大切です。