グッチ(Gucci) ペアリング

グッチのペアリングは、価格が高いという難点がありますが、それだけ特別なものになります。

2人の気持ちを確かにしたい時は、奮発して買い揃えてみるのはいかがでしょうか。

恋人などの間でペアリングを付ける習慣が流行りだしたのは、もう数年も前になります。

普段ずっと身につける指輪を、愛の象徴とする風習は、エンゲージリングやマリッジリングにすでに現れていますので、それのさらに前段階ということができるでしょう。

同棲を開始したカップルが記念に付け始める話はよく聞きますし、高校生などにとって、ペアリングは憧れではないでしょうか。

現在では、ペアリングと一言で言っても、たくさん種類があり、選ぶのも一苦労です。

中にはペアリング専門のブランドもありますし、特にペアリングとされていなくても、同じものや似たデザインのものを合わせて2人で付けることで意義を満たすものもあります。

どんなものが良いのか、迷い始めたら、自分たちの気持ちから洗い出してみましょう。

ペアリングは、あくまでも象徴です。そのため、大事なのは2人の気持ちであることを、きちんと意識することがとても大事です。

そして、ペアリングに必要なのは、一概に高い安い、あるいはデザインの良し悪しなどで選ぶのではなく、双方納得して身につけ続けられるものを選ぶということです。

グッチのペアリングは、冒頭で触れたように、価格がどうしても高くなります。

これは、グッチというブランドが持つ信頼の証であり、その商品が持っている品質の証でもあります。

グッチでペアリングに人気なのは、GGマークが刻まれたシンプルなアイコンリングや、大振りなオープンGリングなどです。

素材も、シルバーだけでなく、ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド、またグッチらしさが光るゴールドもありますので、指輪のデザインと一緒に考慮してみると良いでしょう。

ジュエリーは、形も大事ですが、色でだいぶと印象が変わります。特に合わせる服のコーディネートを選ぶこともありますから、ずっと、長くつけ続けたいのであれば、刹那的な思いに駆られて買うより、そのことを考慮に入れて選定するべきです。

ペアリングに使えるグッチの指輪は、だいたい7号から21号ぐらいまで幅があります。

同じデザインのものを付けたい場合は、このサイズの幅が前提となるため、まず自分たちの指に合うサイズ幅のものを探し出すことから始めると良いでしょう。

もし、デザインにこだわりがあって、少し形が違っても、ブランドが一緒ならそれで良いというなら、もう少し選択肢が広くなります。

価格は、グッチでペアリングということであれば、だいたいセットで5万から10万円ぐらいは見込んでおいた方が良いかもしれません。

ただ、これは、指輪の品質保証と、2人の愛の品質保証に費やされたお金だと思うようにしましょう。

安い指輪では、デザインに難があってすぐに壊れてしまったり、くすんで汚くなってしまったりすることもありますが、グッチのペアリングなら、そんなことはありませんし、高い分、それだけ大事にしようという気持ちも自然とわいてきます。

頭で考えていてもあまり実感がわかないでしょうから、一度売り場に足を運んで、実際に指に付けてみてはいかがでしょうか。