グッチ(Gucci) マフラー

グッチでマフラーを探すなら、どのようなことを知っていればいいでしょうか。

グッチはイタリアを代表するブランドの一つでその出発はバッグの販売とその修理でした。

ということで、バッグが今でも有名ですが、それだけでなく、ファッション全般に商品展開を拡大していき、今ではイタリアを代表とする総合ファッションブランドとして有名になりました。

男女を問わず、根強いファンがいるのが特徴で、シックで大人の雰囲気をもたらしてくれるブランドとしてセレブにも人気があります。

デザイナーが何度か交代しているので、そのたびにちょっとずつテイストの違うラインが取り入れられていますが、根底に流れるコンセプトがぶれることはなく、デザイナーにかかわらず人気があるのもこのブランドの特徴ということができるでしょう。

グッチでマフラーを、と考える人は、男女を問わないことでしょう。

ファッションのさりげないポイントとして、冬の小物アイテムとして、マフラーは実はブランドでも人気のアイテムの一つです。

さりげないファッションのグレードを上げてくれる小物として使われることもあり、スカーフほどファッションを選ばない、ということも人気となっている要因のようです。

さらに、スカーフは女性に偏っての商品展開となりますが、マフラーはもう少しカジュアルに、男女ともに楽しむことができるので、プレゼントに選ぶ人も多く、ブランドも様々な素材でいくつかの商品を出しているようです。

グッチのマフラーは、やはり人気となっているシグネチャーのラインを中心に、いくつかの商品が出されています。

素材も、ウールからカシミヤまで、シーンによって使い分けることができる展開となっています。

グッチのマフラーでやはり人気があるのは、シグネチャーのデザインを使ったものでしょう。

カシミヤでも落ち着いた配色で何通りもの商品が作られています。

男女兼用で使えるデザインなので、どちらにも選ばれているようです。

黒に黒のロゴが意外に人気が高く、茶色に明るい茶色のロゴやえんじに茶色のロゴなどの配色があります。

さらに、ブルーにグレー、グレーの濃淡などの配色もあり、人によっては色違いをいくつも持っている、という人もいるそうです。

男性のスーツに合わせることももちろんできますし、女性がワンピースとコート、という装いにプラスすることも可能です。

グッチのマフラーは、もう少しカジュアルな雰囲気のウールのものもあります。

こちらは、カジュアルなファッションに合わせる、ということを前提としており、数字などのロゴが入っています。

どちらかというと男性向けの商品だということができるかもしれません。