グッチ(Gucci) 店舗

グッチの店舗リストは、公式サイトで随時確認することができます。

公式サイトの店舗リストなら、新しいグッチのお店や閉店、店舗の移動があった場合すぐ反映されますし、細かな住所や電話番号などの情報までわかるので、一番的確に情報を掴むことができます。

グッチは、グッチョ・グッチがイギリスから帰国後、1920年代にフィレンツェで最初に店舗を構えたブランドです。

その後、他社の吸収合併なども行つつ、事業の成功と拡大と共にミラノやニューヨークなどの世界の主要都市にも勢力を広め、世界各地に店舗数をどんどん増やしていきました。

グッチが日本で初めての店舗を東京にオープンさせたのは、ブランドの勢いが盛んであった1970年代のことです。

また、最近では、グッチ銀座店が、2006年に世界初となる全フロアをブランドで占めるビルを新装開店し、話題を集めました。

現在、グッチの店舗は、50近く国内に存在します。

北は北海道、南は熊本まで、その多くは百貨店に分散しています。

一番店舗数が多いのはやはり東京、次いで多いのが大阪です。

各百貨店ごとに傾向があるのもそうですが、大半を占める百貨店内の店舗と、直営店では少し経営方法が違うことがあるので、最寄りの店舗以外に、複数の店舗を把握しておくと、グッチの情報を掴みやすくなります。

その中からお気に入りのお店を選んで、店員と仲良くしておくと、さらにセールなどのお得な情報も手に入りやすくなります。

公式とは反対に、非公式の店舗リストを調べるメリットは、細かい売り場の情報や口コミ情報などが手に入るということです。

例えば、その店の売り場の大きさだけでなく、売り場に並ぶ商品の種類や印象、店員の態度などもある程度知ることができます。

イベントなどで限定品が出たりする場合は、まだ在庫が残っているかどうかなども調べることができるでしょう。

感じることは人それぞれ違いますが、だからこそ公式にはない、率直な意見というものがわかるようになります。

ただ、古い情報や主観的過ぎて間違った情報が交錯するのも非公式であるが故の特徴ですから、あまり全てを丸飲みして信じ込み過ぎないようにする必要はあります。

同じブランドなら、どの店でも同じと考えられがちですが、ファッションブランドは経営戦略に応じて、販売拠点ごとに置くアイテムや雰囲気作りなどを意識して変えています。

国内にこれだけの店舗を配置しているのですから、グッチも、例外ではありません。

自分の家から最寄りの店ばかり利用している人が、ちょっと離れた店を覗いてみると、今まで見たことのないディスプレイにアイテムが並んでいてビックリしたということもあります。

きっとブランドに対する印象も変わることでしょうから、一度、自宅から通える距離にあるグッチの店舗をチェックしてみて下さい。