グッチ(Gucci) 新宿

多くのブランドショップが集まる新宿に、ブランドの元祖ともいわれるグッチの直営店があります。

たくさんの若者が集まり、賑やかな町の中でひと際目を引くグッチショップの店内は、新宿の空気を払拭するかのような優雅な空間が広がっています。

グッチと言えば現在では誰もが知っている高級ブランドですが、これまで歩んできた歴史の中で倒産の危機を迎えたこともあります。

グッチは、もともと馬具や旅行鞄を扱う町の小さなお店としてスタートしましたが、品質の良さや、製品づくりへのこだわりが評判となり、あっという間に人気のお店となりました。

創業者であるグッチオ・グッチは6人の子宝に恵まれ、2代目を継いだ三男のアルドは現在のブランドモチーフでもあるGGマークをデザインするなど、その人気を世界的なものにしました。

現在では商品にデザイナーの名前が入っているのは一般的ですが、それを世界で初めて行ったのは他でもないグッチだったのです。

そんな中起こったイタリア王国とエチオピア帝国の戦争では、革の入手が困難になり、窮地に立たされることとなりますが、斬新な発想により、現在でも残る代表作を作り上げ、その人気を不動のものにしていきました。

問題は、グッチオ・グッチの死後です。息子のアルドを始め、ヴァスコ、ユーゴ、ルドルフの4人が家業に携わるようになり、相続、保有株、店舗運営など、家族間でのもめごとが絶えないようになります。

それと同時に、塩化ビニールで大量生産されたブランドロゴ入りのバッグが出回ったことで、高級ブランドとしてのイメージも低下していきます。

これらがきっかけとなり、あれほどの人気を誇ったグッチも破産寸前まで経営状態が悪化することになってしまったのです。

そんなグッチが高級ブランドとして帰り咲いたのには、新たな経営陣の功績が大きいと言えます。

市場に出回った偽物への対策として、商品の種類を絞り、創業当時からの伝統的なデザインに流行を取り入れた新たな商品を発表するなど、根本からの見直しをすることで、徐々に経営状態が改善されていきました。

こうして、世界的ブランドとしての地位を確立してきたグッチは日本にも数多くの店舗を構えています。

新宿駅近くにある、グッチ新宿では1階~3階までの建物に豊富なアイテムが取り揃えられており、モダンテイストでクールにディスプレイされており、グッチワールドを楽しむ事ができます。

新宿に行く機会があったら一度足を運んでみてはいかがでしょうか。