グッチ(Gucci) 腕時計

グッチの腕時計は、ブランドの元祖と言われるグッチに相応しい高貴さを持っています。

高級腕時計と言われて連想するブランドは、オメガなどの専門ブランドの印象が強く、グッチのようなトータルファッションブランドは、あまり頭に浮かびにくいかもしれません。

しかし、腕時計こそ、華やかで、貪欲なほど職人のこだわりを追求するグッチの特長を、最も反映しているアイテムとなります。

1923年にフィレンツェで立ち上げられたこのブランドは、最初、鞄、とりわけレザーバッグの作製と修理を専門としいました。

グッチが目指したのは、まさに今の高級ファッションブランドが体現している、絶対的な品質を保証された原価以上の付加価値を持つ商品を取り扱う商売でした。

やがて、ブランドの人気が高まると、イタリアの国境を越えて世界に支店を持つようになり、その商品も、鞄や革を用いたもの以外のアイテムへと及ぶようになります。

腕時計は、グッチがトータルファッションブランドとして本格的に動き出した際に付け加えられたアイテムで、比較的新しい分野ということができます。

グッチの腕時計は、どれもブランドアイコンを用いたデザインをしていて、見る人が見れば、すぐにグッチとわかるようになっています。

例えば、GGパターン、赤と緑のシェリーライン、ホースビット、つまり馬具の留具をモチーフにしたチェーン、そして、ブランドの原点に戻る上質な革ベルトを用いたモデルなどです。

グッチの腕時計は、主に女性用に多い、バングルタイプのものと、メタルベルトのもの、そして革ベルトのレトロデザインのものに大きく別れます。

特にバングルタイプのものはに、グッチらしさが一番現れています。

それは、デザインをあしらうことのできる面積が広いという点に加えて、ブランドお馴染みのバンブーバッグの取っ手のフォルムを連想させる点があるからです。

メタルベルトの腕時計は、一見するとあまりグッチらしく見えません。

しかし、よく見ると、文字盤や調節ネジの部分が、シェリーラインの赤と緑になっていたりするなど、細かな部分で目立たないながらしっかり主張できる大人のデザインを楽しむことができます。

また、同じメタルベルトでも、これも主に女性向けですが、ベルト部分がホースビットをモチーフにしたチェーンになっているタイプのものもあります。

こちらは、かなりグッチらしさを主張できるデザインになっています。

華奢に見えるので、ジュエリー感覚でつけることができる点も魅力です。

革ベルトのレトロデザインのものは、ベルトの部分にブランドの根源を見ることができます。

文字盤部分も、レトロなデザインのものが多く、時代を越えた古き良きデザインを堪能できます。

このブランドが本当に好きなら、ひとつは揃えておきたいモデルということができるでしょう。

デザインに加え、グッチの腕時計は、品質が確かであることが何よりの特長です。

スイス製のムーヴメントに、最低でも生活防水の加工が施されており、例え一見華奢に見えるパーツでも上部で、長く愛用することができます。

モデルにもよりますが、惜しみなくダイヤが散りばめられたりするなどして追求された華やかなデザインは、きっと、ファッションに箔を付ける手助けもしてくれるでしょう。

グッチ(Gucci) 腕時計」への1件のフィードバック

  1. I have been surfing online greater than three hours as of late, but I by no means discovered any attention-grabbing article like yours. It?¦s pretty value sufficient for me. Personally, if all webmasters and bloggers made good content as you did, the web will likely be a lot more useful than ever before.