グラッドニュース スカジャン

今、若い子の間で注目の109系ブランドのひとつ、グラッドニュース(GRADNEWS)から出ているスカジャンが人気を集めています。

グラッドニュースは「強い生き方・強い心」のコンセプトのもと、Tシャツ、パーカー、スカジャンなど、どれも自分の意思をしっかり持った強い女の子がイメージされたデザインのアイテムが揃っています。

この強さのデザインの基本は、アメリカの「バイカーズスタイル」からきています。

聞きなれない言葉かもしれませんが、「バイカーズスタイル」とは、ファッションに軍隊仕様のアイテムを取り入れたスタイルのことをいい、Tシャツにレザージャケット、ジーンズにエンジニアブーツといったスタイルを基本としています。

1953年に映画「乱暴者」で反抗的な若者を演じた男優がこのスタイルでバイクに乗って登場し、当時の若者に影響を与え、やがて、そのスタイルが世界に広まりました。

グラッドニュースはレディースとメンズが展開されていますが、メンズでは、「バイカーズスタイル」をより強く意識したアイテムが多く出されているようです。

グラッドニュースで人気を集めているスカジャンについてですが、そもそもスカジャンとは、意外にも日本発祥の洋服で、第二次世界大戦直後の横須賀米軍基地で日本駐留のアメリカ軍兵士たちが愛用のジャケットに鷲、虎、竜などの和風の刺繍を入れてもらったのが始まりだといわれています。

グラッドニュースのレディースのスカジャンをいくつかご紹介します。

まず、「バーガープリントスカジャン」は、モノトーンのジャージ素材のジャンパーに、ジャンクフードをポップな絵柄にしてあり、胸元にはポテトとメッセージ、背中には大きなハンバーガーがプリントされています。

次に、「スカルプリントスカジャン」は、モノトーンのジャージ素材のジャンパーで、胸元にはそれぞれ横向きのスカルが向い合せになるように、背中には横向きでシルクハットをかぶったスカルが大きくプリントされています。

さらにもうひとつ、「シフォンスカジャン」は、素材がシフォンなので裾のリブが印象的なデザインになっています。

両そで全体にゆがみロゴが、背中にはシンプルな英文のメッセージが一行、弓なりにプリントされています。

グラッドニュースのスカジャンは、どれも、とても個性的なデザインなので、見るだけでも楽しめそうです。

グラッドニュースのアイテムは、店舗だけでなく、ネットショップにもありますので、覗いてみてはいかがでしょうか。