コムサデモード 靴

コムサデモードの靴は、お手頃な価格でデザイン性のあるものが揃っているので、普段履きにもぴったりです。

コムサデモードは、1976年にファイブフォックスという会社が立ち上げたブランドです。

1980年代に特に好評を博し、全国的に店舗を配置したため、ブランド名に馴染みのある人も多いことでしょう。

実際、現在でも、国産ブランドではワールドやオンワードといった有名ブランドに次ぐ知名度の高さとなっています。

名前の似たブランドにコム・デ・ギャルソンがありますが、経営の手法は正反対で、川久保玲というカリスマデザイナーを配置してきた同ブランドと違い、デザイナーをあえて非公開とすることで、商品デザインの均一化を図ってきました。

意図的に没個性化がなされたデザインは、黒を基調としたモード系で統一されており、そのぶん価格も比較的抑えられている点に特徴があります。

コムサデモードの靴も、洋服同様、黒や茶といった落ち着いたトーンで作られたものがほとんどです。

明るいものには白などもありますが、彩度の高いものはほとんどありません。

ただ、種類は豊富です。ビジネス靴、スニーカー、サンダルなど、一通りの靴はコムサデモードで揃えることが可能です。

個性的なデザインがないので、逆に言えば、どれを選んだとしても無難な選択ができるという点が魅力ということができるでしょう。

コムサデモードの靴なら、どの洋服に合わせても、コーディネートを崩すことがありません。

価格も、洋服同様、有名ブランドに比べて比較的抑えられているので、選びやすい特徴があります。

コムサデモードなら、子供用靴のコレクションもあるので、ちょっとしたお出かけ用にも良いでしょう。

街の激安店の価格には到底かないませんが、それだけデザインもしっかりしていますし、つくりもしっかりしているので、履いていても疲れが少なく、長い間愛用することができます。

例えば、男性用のビジネスシューズなら、素材もしっかりしているのに、15000円ぐらいで入手することが可能です。

安いビジネスシューズは、たいていの場合、人工皮革なので、履けば履くほど痛んでいくばかりです。

高級皮革を使っているコムサデモードの靴なら、手入れをしっかりすればするほど、見た目に味が増し、革に柔軟性も出て、自分の足に馴染んで履きやすくなるという長所が現れます。

手入れを怠らなければ、非常に長い間履き続けることが可能なので、コストパフォーマンスは比較になりません。

がっちり高級ブランドの靴を購入するほどではないけれど、ちょっと特別な普段履きの靴が欲しい時は、最寄のコムサデモードの店舗で探してみると良いでしょう。