ジルスチュアート ウエディングドレス

ジルスチュアートのウエディングドレスは、直営店では丸の内店限定で取り扱いがある他、全国各地のウエディングドレス専門店で販売およびレンタルサービスを行っています。

ジルスチュアートは、ニューヨーク出身の同名のデザイナーによるファッションブランドです。

アパレルブランドショップを経営していた両親の影響もあってか、ジルは少女時代からファッションセンスとデザインの才能に恵まれていました。

10代の頃からジュエリーやバッグを製作し、若干15歳で開いた初コレクションは、アメリカの大手百貨店ブルーミングテールズの目にも留まりました。

アメリカでも有数の名門芸術大学「ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン」でファッションを学んだ後、27歳で「ジルスチュアート」を設立、1993年にニューヨークコレクションでデビューを果たしました。

その後のジルスチュアートの活躍はめまぐるしく、ニューヨークの中でも芸術家やデザイナーの才能が集まる地として有名なソーホーにフラッグショップを構える他、世界各国に30店舗以上のショップを展開しています。

「CUTE、PRETTY、SEXY」をキーワードに、世界中の女性達に最新のトレンドを発信しています。

日本では、大手アパレルメーカーの株式会社サンエーインターナショナルとライセンス契約を結び、1996年から全国で事業展開しています。

婦人服は人気モデルや女性タレントに愛用者が多く、また、子供服も展開しており、ファッションに敏感な子育て世代の若い母親からも絶大な支持を得ています。

世界中の女性達から絶大な人気を誇るジルスチュアートが、2009年よりウエディングドレスコレクションもスタートさせました。

ジルスチュアートのウエディングドレスは、ジルスチュアートのアイコンでもあるリボンモチーフをデザインされたホワイトドレスや、人気のトレードともいえる小花プリントが用いられたカラードレスなど、正統的なシルエットに、ほどよくトレンドがミックスされた斬新な仕上がりとなっています。

また、セカンドコレクションでは、中世貴族を想わせるようなノスタルジックさとヴィンテージ感漂う繊細なドレスを展開しています。

レイヤードフリルがふわりと広がる、まるでフランス人形のようなプリンセススタイルや、クラッシックレースが上品なAラインドレスなど、眺めているだけでもうっとりしてしまいます。

ウエディングドレスは女性にとって憧れの衣装です。

一生に一度の結婚式は、大好きなブランドのウエディングドレスで最高に輝きたいですね。