ジルスチュアート グロス

これぞ姫系、といった可愛いパッケージに入ったジルスチュアートのジェリーリップグロスは、見た目だけでなく使用感からも支持を得ているアイテムです。

日本人の肌の色に馴染みやすいベビーピンクに上品なラメが加わり、頑張り過ぎていないナチュラルな感じに仕上がる優秀アイテムです。

付け過ぎるとべたつく、といった声もありますがグロス自体そんなに塗りたくるものでもないので、薄く塗ることを意識して使えば差支えありませんね。

先端は塗りやすい斜めカットチューブ仕様で、中身が唇の上でとろけるようにフィットしてふっくらボリュームのあるプルプル唇に仕上げてくれます。

ジルスチュアートらしいクリスタルフローラルブーケの香りがよりロマンティックな気分を演出してくれるので、デートの前などにピッタリではないでしょうか。

全部で12色展開となっているジェリーリップグロスは、1本2,310円で販売されています。

同じく人気の高いジルスチュアートのリップラスターは、口紅でありながらグロス並みのツヤ感を放つ逸品です。

口紅なので発色、色持ちがグロスよりも良いですし、リキッドタイプなので塗りやすいといった声も多数挙がっています。

見た目にはラメをたっぷり含んでいるように見えますが塗った感じは見た目とは違って上品な輝きを放ちます。

長時間経過しても落ちにくく、多少落ちてもラメだけが唇にへばりつく、といったことはありません。

口紅とグロスの長所を足したようなこのアイテムは全12色、1本2,940円での販売です。

また、数量限定で予約販売されたリップカラーコンパクトも、ジルスチュアートらしいパッケージに包まれています。

表面のコンパクトをスライドさせると、中からリップカラーとグロスが現れるこのパレットは、ジルスチュアートのイメージを彷彿とさせるアクセサリーのような見た目の可愛さに人気が集中したアイテムです。

ダイアモンドをイメージして作られたリップカラーコンパクトは、キラキラのパッケージで見ているだけで幸せになれるといったユーザーもいるようです。

また使用する色味によってはリップラスターと似ているため、朝のメイク時にリップカラーコンパクトを使い、日中の化粧直しにはリップラスターを使用するなどシーンによって使い分けが出来る点も人気となっています。

ローズ系とピンク系の2色展開で、ローズ系は明るめのローズと真っ白なグロスのセットで、重ねづけしたときにベビーピンクのような可愛い色味に仕上がります。

ピンク系はコーラルピンクのルージュとラメを含んだピンクのグロスとセットになっていて、どちらも、口紅のみでふっくら潤った唇に仕上げてくれますよ。

2006年クリスマス限定商品として発売されたリップカラーコンパクト、お値段はそれぞれ3,990円でした。

現在では入手困難な状況ですが、購入したい方はオークションやネットショップなどで探せば見つかるかも知れませんのでまめにチェックしてみると良いでしょう。