ジルスチュアート コスメ

ジルスチュアートのコスメは女の子らしいかわいいボトルやケース、パッケージと甘い香りが大きな特徴です。

ジルスチュアートはニューヨーク出身のデザイナーで、幼少の頃から両親がレディスウェアメーカーを経営していたためにファッションとは密接な環境に育ちました。

早くからその才能を発揮して10代のころにはすでにジュエリーとバッグのデザインに余念がなかったそうです。

そして15歳で発表したシルバーとレザーを組み合わせたチョーカーとフリンジがついたスエードのバッグが、アメリカでは有名な百貨店であるブルーミングデールズに認められたことで本格的な勉強にと入っていきました。

ファッションデザイナーとしてのデビューは1993年で23歳の時にブランド「ジルスチュアート」を設立しました。

そしてレディースとキッズを中心に10年以上を経た2005年についに長年の念願かなって、コスメの分野にも進出することに成功しました。

ジルスチュアートはすべての女の子かわいいのために少女だけがもつ透明感と、大人の女性に漂うセクシーさを同居させることを目標に服もコスメも作りつづけています。

「かわいい」という言葉が世界の共通語になっているようですが、かわいいの発信源である日本の女の子にはジルスチュアートのコスメは大変好評です。

この秋冬に発売されたジルスチュアートのコスメ製品、バス&ボディコレクションは特に好評ですでにソールドアウトになってしまったショップも多いようです。

セットの内容は、バス&ボディオイル(85ml)とボディクリーム(50g)とシャワージェル(85ml)とシュガーボディスクラブ(10g)とバスパフがビニール製のかわいいポーチに入っています。

12月に発売されたばかりのジルスチュアートの天然香料配合のナイトジェル・オードトワレも即完売ではなかったものの入手するのに大変苦労したという声も聞きました。

ボトルのかわいさが一番受けているようです。

あまりかわいいので使うのがもったいないという人もいます。

その香りは甘い香りで、人によっては結構きつい匂いと感じる人もいるようです。

やはり20代の前半くらいまでの人に好まれるような香りのようです。

ジルスチュアートのコスメは発売日前に予約を受け付けていますが、予約の電話がなかなかつながらないところもあるようです。

さてもうすぐ新しい年を迎えると各ブランドでは2010年の初夏にむけての商戦が始まります。

ジルスチュアートのコスメもきっとまた使うのがもったいないくらいかわいい製品を発表してくれることでしょう。

つながりにくい電話で予約をするか、直接ショップに飛び込んでみるか、それぞれの行動する地域によっても異なりますが、いずれにしても春が来るのが楽しみですね。