ジルスチュアート コスメポーチ

ジルスチュアートのコスメポーチは、ごちゃごちゃしがちなコスメグッズをすっきりとひとまとめにできて、使いやすいことで人気があります。

「ジルスチュアート」とは、ブランド名にもなっている、ニューヨーク出身のファッションデザイナー、ジルスチュアートが手掛けるブランドで、日本ではレディース服が有名です。

彼女は、トレンディだけどクレイジーではなく、女性らしいフェミニンさ、セクシーさ、キュートさを表現できる「自分で着たい服」を作っています。

着やすさにもこだわり、手ごろな値段で提供することを目指した数々のアイテムは、日本の有名人にも多くの愛用者がいることで知られます。

ジルスチュアートは、両親がファッションブランドを持っていたこともあり、早くからファッション業界に興味を持ち、10代でジュエリー、ハンドバッグ製作に打ち込みました。

その結果、最初のコレクションを売ったのは、なんと15歳の時と言われています。

その後、1993年に正式にデビューし、多くの女性を魅了してやまないブランドとして華を咲かせました。

2005年から展開し始めたコスメティクスは、化粧品の口コミサイト「@コスメ」でも評価が高く、化粧品としての使いやすさ、なじみやすさはもちろんのこと、見た目がかわいいというのが女性の心をくすぐっているようです。

それも、早くからファッション業界に身を置き、センスを磨いてきたジルスチュアートの手掛ける化粧品ならではと言えるのではないでしょうか。

そんなジルスチュアートのコスメポーチは、デザインも可愛らしく、化粧品をたくさん持っている女の子にぴったりの、収納力抜群のコスメポーチです。

気分で色や香りを変えたり、その日のファッションに合わせたり、化粧品ってついついいろいろ買ってしまいがちです。

だんだん増えていく化粧品をきれいにまとめておきたいのであれば、やっぱりコスメポーチは必需品ですよね。

最近では、ジルスチュアートの5周年を記念した雑誌が発売され、「どこでもメイクルームヴァニティケース」と銘打ったコスメポーチが付録として付けられました。

どこでもメイクルームというだけあってたくさん収納できるのはもちろんのこと、バラバラしがちな化粧品をすっきりまとめられる細かい収納ポケットがあり、付録とは思えないほどの機能性です。

また、なんと言ってもジルスチュアートらしいかわいいデザインもうれしいですね。

同じ柄のミラーもついて、お部屋でも外出先でもメイクが楽しくなっちゃいそうです。