ジルスチュアート バニティ

ジルスチュアートのバニティケースやバニティポーチは比較的多種用意されていますが、雑誌のおまけや何かの特典であったものも少なくありません。

かわいいジルスチュアートのバニティケースやポーチが安く手に入りますから、ブランドファンの方は情報に目を光らせておきましょう。

ジルスチュアートは、アメリカ出身の女性デザイナーによるブランドで、もとはジュエリーやアクセサリー、洋服が専門でしたが、2005年からはコスメティクスの分野にも進出しています。

そのため、ジルスチュアートでは、ネイル関係の商品や化粧品に加え、バニティケースやポーチのような、それに付属するアクセサリーも多く展開されています。

ジルスチュアートのアイテムは、どれもフェミニンなかわいらしいデザインが特徴です。

ジルスチュアートのバニティケースは、年間7円以上購入したメンバー登録者に対してプレゼントされたノベルティでした。

エナメルの白いふたに、レース生地が貼られたピンクの本体で、ふたにはレース模様が施されたクリアアクリルの取っ手が付いています。

内張りは黒布になっていて、天面の鏡は、黒のレースで縁取りされています。

仕切りはなく、ブラシなどを止められるゴムが両サイドに付いているだけですが、広く使えるので、ボトルなどの大きなものもたっぷり収納できます。

限定プレゼントではありましたが、もしかしたらオークションなどで転売されているかもしれませんので、気になる方は今からでも探してみましょう。

あるいは、来年のメンバープログラムの特典を狙ってみるのも良いかもしれません。ジルスチュアートのバニティポーチは、ケース以上に存在します。

共通しているのは、どれもかわいらしいデザインであることです。

2009年春に雑誌のおまけとして付いていたポーチは、いちごのプリント柄でした。

ファスナーには透明プラスチックでできた葉付きいちごの立体チャームが付いています。

中身は明るいピンク色で、天面にブラシを3本収納できるスリットがあります。

普段のメイク道具ならすっぽり入ってしまう大容量ですから、使い勝手も良いと好評だったようです。

こちらも探せばオークションなどで、安く入手できるかもしれません。

もちろん、ジルスチュアートのバニティポーチは非売品ばかりではありません。

実際に販売されているものに関しては、季節限定で発売されているものが多いようです。

そのため、少し古いモデルになると、なかなか手に入りにくくなるという難点もあります。

過去珍しいものには、細かな花柄でお馴染みの、イギリスのファブリックメーカー、リバティとコラボレートして作ったポーチもあります。

素材は、リバティの生地を使ったキルティング素材で、ジルスチュアートのバニティポーチは、大抵水や汚れをはじくナイロンでできていますので、柔らかい素材を使っているものは本当に稀です。

このリバティとジルスチュアートのコラボレーション商品は、大きさの違うモデルが同時に発売されました。今でも、もしかしたら新品で手に入るかもしれません。

メイク道具は、個人のこだわりがよく現れるものです。

だからこそ、使い勝手の良いポーチを求めて、ああでもないこうでもないと試行錯誤するものです。

ポーチの買い替えを考えている方は、過去発売されたものを含めるとたくさん種類がありますので、ジルスチュアートのバニティポーチを一度検討してみてはいかがでしょうか。