ジルスチュアート マザーズバッグ

ジルスチュアートのマザーズバッグは、見た目の可愛らしさだけでなく、機能性にも長けており、多くのママから人気を集めています。

ジルスチュアートはニューヨーク発のファッションブランドです。

婦人服から子供服、ベビー用品、コスメ、アクセサリーなど、バリエーション豊富なラインナップを誇り、20代から子育て世代の30代、40代まで、幅広い年齢層の女性から支持されるブランドです。

ジルスチュアートのコンセプトは「CUTE、PRETTY、SEXY」、お洒落盛りの20代女性はもちろん、「ママになってもお洒落でありたい」、「自分の子にも小さい頃からデザイン性の優れた洋服を身に付けさせ、ファッション感覚を磨かせたい」「親子でファッションを楽しみたい」というママにとっても、ジルスチュアートは満足度抜群です。

ブランドアイコンでもあるリボンモチーフの他、フラワープリントやレースなど、女性の心をくすぐるロマンティックなデザインが多く、けれども、決して甘すぎず、どこかセクシーな雰囲気を併せ持っているのがジルスチュアートの最大の魅力です。

その絶妙なバランスが、年齢を重ねてもジルスチュアートのファッションを楽しめる理由なのでしょう。

そんなジルスチュアートのマザーズバッグは、リボン使いやギャザーデザインで、一見、マザーズバッグとは気付かないほどファッション性に溢れています。

その上、機能性も優れているのですから、申し分ありません。

子連れの外出は、どうしても荷物が多くなりがちです。

オムツや着替え、水筒やお菓子、愚図り防止のおもちゃや絵本、その他、自分のお財布や携帯電話、メイクポーチもあるので、収納力のある大きなバッグが必要になるのですが、普通のバッグでは、どうしても中がごちゃごちゃと見苦しくなりがちです。

その点、ジルスチュアートのマザーズバッグなら、マチの広いスクエアトート型で十分な収納力があり、中は、オムツや哺乳瓶を収めるため、複数のポケットや仕切りが付いているので、小物をきちんと整理することができます。

更に、付属品として、撥水素材のオムツ替え用シートが付いているものもあります。

これは、ママのマナーとして嬉しいアイテムです。

赤ちゃん連れで余所のお宅にお邪魔した時、一番迷うのがオムツ替えです。

活発な赤ちゃんはオムツ替えの時もじっとしていません。

うっかりお宅のカーペットや床を汚してしまったら大変ですから、オムツ替えの際はタオルやオムツ替えシートを敷くのが最低限のマナーです。

ジルスチュアートのマザーズバッグは、こういったところも、きちんと考慮されて作られているのです。