ジルスチュアート 傘

ジルスチュアートの傘はどんなデザインなのでしょうか。

ジルスチュアートはアメリカ発信の女性向け総合ファッションブランドですね。

90年代に立ち上げられましたが、スイートなテイストをいくつになっても忘れないという女性なら誰でも持っている一面を商品として表現しているのがこのブランドの特徴で、すべてのアイテムが細部にまでこだわったスイートさが女性たちに人気となっています。

そんなジルスチュアートの傘といえば、記憶に新しいのは雑誌の付録としてつけられたアイテムなのではないでしょうか。

ジルスチュアートのムック本の付録として黒の折り畳み傘がつけられていました。

本の内容はもちろんのこと、この傘がほしいとして雑誌を求める、という人が多く、一斉に完売になりました。

付録といってもクオリティが高いのがこうしたムック本の魅力となっていて、非売品のブランドアイテムが入手できるということでこれを目当てに雑誌を買う、という人も増えているといわれています。

ジルスチュアートのムック本も同様に人気が高く、他では入手することのできない折り畳み傘を手に入れたい、という声がよく聞かれました。

ジルスチュアートの傘がムック本の付録となっていますが、この傘はどのような仕様かというと、軽量の折り畳み傘でハートのチャームがついている傘となっています。

黒地にリップなどのイラストがちりばめられており、ジルらしい洗練されたデザインの傘に仕上がっています。

ジルスチュアートは傘を特に今まで作っていなかったので、このアイテムを待っていた、という人はこの付録をどうしても入手したい、という声が聞かれました。

やはり、好きなブランドのアイテムはこんなものがあればいいのに、とだれもが思うところだと思いますが、ムック本の売れ行きを見れば、ジルスチュアートの傘を欲しいと思っている人は多い、ということが分かるのではないでしょうか。

この反応を生かして、今後定番のアイテムとして作られる時が来るといいですね。

ジルスチュアートは傘は作っていませんが、付録としてデザインされたアイテムにはブランドならではのテイストを感じることができました。

大人の女性になっても、女性としてのキュートさや甘さなどはなくしたくないものですね。

それを思い出させてくれるのがジルスチュアートのアイテムなのではないでしょうか。

今後、傘が正式に発売されることを望みますね。

作られることになったら、どんなデザインになるのかも楽しみです。