セシルマクビー メイちゃんの執事

セシルマクビーは、スクールプロジェクトの一環として、2009年1月から3月まで放送されたフジテレビのドラマ「メイちゃんの執事」の制服をデザインしていました。

中高生に圧倒的な大人気を誇るセシルマクビーが、メイちゃんの執事で榮倉奈々さんが着用していた聖ルチア女学院の制服をデザインしていたとあって、非常に好評で、ドラマも高視聴率を保っていました。

セシルマクビーは、渋谷の109の中でも断トツの人気を誇る、いわゆるギャル系といわれるブランドのひとつです。

歌手の浜崎あゆみさんも、大好きな人気ブランドとしてよく知られています。

「大人っぽさの中のエレガント、カジュアル、グラマラス」をコンセプトに、10代、20代の女性を中心に展開されてきました。

その人気は、ショップ用の持ち帰り袋でさえオークションにかけられているくらいです。

そのセシルマクビーが、「学校でもセシルマクビー!」をキーワードに、スクールバッグやポーチ、スクール用カーディガンなどを中心に2008年の秋から始めたのが、スクールラインです。

そして、その手始めにデザイン・プロデュースしたのが、「メイちゃんの執事」の聖ルチア女学院の制服だったというわけです。

もともとセシルマクビーでは、ドラマやキャラクターなどとのコラボレーションも積極的に行なっていたので、メイちゃんの執事の制服は、うってつけのものでした。

実際にドラマ放送期間中だった2009年1月に、視聴者からの要望を受けて公式サイトから通信販売で販売したところ、ワッペン付テーラードジャケットは14,490円、ネクタイ付ティアードスカートは7,980円という手頃な金額設定ということもあってか、あっというまに売切れてしまいました。

数量限定の発売で、今では販売が終了してしまったため、ヤフオクなどで売買されていることもあります。

また、コスプレとして衣装を手作りする人もいるくらいです。

もともと「メイちゃんの執事」の放送当初から、その制服はセシルマクビーがデザイン・プロデュースしたとインターネット上では話題になっていました。

特に女子中高生を中心に、セシルマクビーがプロデュースしたのだからかわいいのは納得と、多くの人が高評価をしていました。

それを「メイちゃんの執事」では、雑誌「セブンティーン」の専属モデルで女子中高生に大人気だった榮倉奈々さんが、とてもキュートに着こなしていたので、女子中高生の憧れとなっていきました。

現在、「メイちゃんの執事」では登場しませんでしたが、セシルマクビーのスクールラインではコートが人気になっています。