セシルマクビー 心斎橋

セシルマクビーは18歳から25歳の女の子をターゲットにしたかわいく輝くためのファッションを提案するブランドで、東京はもちろんのこと大阪でも心斎橋や天王寺、京橋、梅田などでショップがあり、いつも賑わいを見せています。

セシルマクビーは、株式会社ジャパンイマジネーションというアパレルメーカーが展開するファッションブランドのひとつで、セシルの愛称で親しまれています。

ジャパンイマジネーションはレディスファッション専門の会社ですが、セシルマクビーは渋谷オフィスが担当しており、いわゆる109ブランドのリーディング的存在となっています。

若い女性から圧倒的な人気を受けるきっかけとなったのは、以前歌手の浜崎あゆみさんが好んで着用していたことで、更にBENIの安良城紅のシングルレコードのプロモーションビデオとタイアップしていました。

セシルマクビーのブランドコンセプトは大人っぽさを感じさせながら、エレガント、カジュアル、グラマラスなどの要素を欲張って採り入れている点にあり、アイテムは全て女らしさを意識してデザインされています。

10代後半から20代前半の特にトレンドに敏感な女性を顧客ターゲットとするには非常に効果があるようで、実際の購買層では中学生や高校生も多くなっています。

アイテムデザインのラインの傾向は全体的に細めでスマートなものが多く、通称お姉系ブランドとかギャル系ブランドと言われるカテゴリーに入ると思います。

中高生の間であまりに流行したためか、購入した商品を入れるショップ袋までがプレミア的な人気となり、一時はこの紙袋がネットオークションで売買されたこともあります。

ショップは渋谷の109店があまりにも有名ですが、大阪での人気も負けていないようです。

セシルマクビー心斎橋店は心斎橋でもなんば寄りで、心斎橋筋商店街沿いなので常に人通りの多い一等地にあります。

テイストはカジュアル、グラマラス、エレガンスの3種類、取り扱っているラインはレディスだけではなく、メンズやキッズまであり、カップルでも、ヤングファミリーでも楽しめるようになっているのが特徴です。

ブランドはもちろんセシルマクビーオンリーでインパクトは十分です。

大阪では心斎橋店以外の店も立地のいい場所にあり、どこも賑やかな状態です。

現在公式サイトでは安西ひろこさんがモデルで新作のコーディネイトを発表しており、ここでは彼女のデザインしたアイテムもあります。

これは好評となっているようで、デザインは第二弾に突入しており、これはオンラインショップでも購入することができます。