東京コレクション ドレスキャンプ

ドレスキャンプというブランドは、東京コレクションで注目をあびたといっても良いでしょう。

ドレスキャンプが東京コレクションで発表した作品は、どれも華やかさを兼ね備えており、暗くなりがちな今の世の中をぱっと明るくしてくれるようなファッションとなっています。

ドレスキャンプが東京コレクションでデビューしたのは、2003年のことです。

更に翌年には毎日ファッション大賞新人賞を受賞、更にモエ・ド・シャンドン新人デザイナー賞も受賞しており、これから注目度ナンバーワンのブランドともいえます。

このブランドはベーシックなタイプも取り揃えていますが、何よりも気持ちを明るくしてくれるカラフルなデザインが印象的です。

例えば男性物のブリーフ一つをとっても、黄色やピンク、ブルーなど様々なカラーを使ったカラフルで奇抜なデザインもあります。

下着というのは人に見られるものではありませんが、こういう所からオシャレを楽しむ男性は、高感度が高いですね。

男性といえば地味なファッションになりがちですので、下着に多少明るめのものを選んでみると楽しいかもしれません。

花柄のボクサーブリーフは色々なカラーを使っており、派手な印象がありますが、嫌味が無く逆にオシャレだなという印象があります。

一つ間違えば年寄りくさくなりそうなデザインですが、ウエスト部分のロゴでしっかりと引き締めており、さすがだなと思いました。

ドレスキャンプの東京コレクションの中でも、私が個人的に気に入っているのが、大きな花柄が幾つも重なり合った、かなり派手なウエディングドレスです。

純白のものももちろん素敵ですが、2枚目に選ぶものとして、これくらいインパクトのあるものも良いのではないでしょうか。

組み合わせるカラーもとても多いのが、ドレスキャンプの東京コレクションで見られる特徴ですが、あえて柄を大きくしてみたという部分が、女性らしさをより引き出していると思います。

大きな柄は体型をカバーする役割もありますので、例えば当日までスタイルを保つ事ができなかったという場合でも、重宝することでしょう。

また、ドレスキャンプの東京コレクションでは、女性らしいフリル使いがとてもゴージャスな印象を受けました。

淡いカラーを使った小花模様のタイプでは、全身にフリルをまとったかのようなデザインになっており、あたかも自分が花になったような気分になれます。

派手なカラーだけでなく、優しいカラーが使われているタイプもありますが、着る楽しみというコンセプトはもちろん失っていません。

本人が着て嬉しくなることが、ファッションではもっとも重要なことのひとつだと思います。

東京コレクション ドレスキャンプ」への1件のフィードバック