ビームス(BEAMS) アルバイト

ビームスでのアルバイトについて調べてみました。

ビームスは1976年創業のセレクトショップです。

セレクトショップとしてのビームスは、その商品の中心を輸入した雑貨や衣料品に置き、またオリジナルの衣料品や雑貨なども独自に展開しているブランドです。

その店舗数は国内に74店舗、海外に5店舗からなり(2007年3月時点)、1976年の創業から着実に成長を続けているショップです。

ビームスが展開するブランドには、BEAMS、Ray BEAMS、BEAMS BOY、B印YOSHIDAなど、7ブランドがあります。

それぞれに取り扱う商品や雑貨などが異なり、「B印YOSHIDA」は、吉田カバン(日本の鞄メーカー)との共同による商品開発・販売を行っています。

それぞれのブランドには個々にコンセプトがあり、対象とする層も異なります。

たとえば「BEAMS」は、ビームスの中心となるおおもとのブランドで、メンズカジュアルを扱うブランドです。

「Ray BEAMS」は、ビームス初のレディースファッションを扱うブランドとして1983年に誕生したものです。

このように、ビームスが展開するそれぞれのレーベル全てにおいて、個々に明確なコンセプトを設けています。

それぞれの明確なコンセプトは、そのターゲット層となる顧客をより確実に惹きつけることに成功していると言えます。

では、ビームスでのアルバイトはどのような仕事内容なのでしょうか。

ビームスでは、それぞれの店舗においてアルバイト形式での雇用を行っており、その内容は店舗によって若干の違いがあるものの、全ショップの経営母体が同一企業のため、時給や待遇などに大きな違いは見られません。

就業時間については、ショップが入るビルなどのオープン時間に合わせるため、それぞれの店舗で多少の違いがあります。

ビームス各ショップにおけるアルバイト待遇として「社員割引制度」があるようで、これはアルバイトという立場であっても適用されることから、ひとつの特典と言えるでしょう。

アルバイトとしての募集職種は、ショップでの販売職が主なものですが、中には事務や受付部門などでの募集もあるようです。

ビームスの商品が好きな人はもちろんのこと、セレクトショップで仕事を経験してみたいという人や、様々な衣料品や輸入雑貨などの商品にかこまれて仕事をしてみたい、という人にとっては、ビームスでのアルバイトは非常に楽しいものとなるでしょう。

販売だけではなく、その商品の流通過程など、経済的な知識として学べることも数多くあるはずです。

ビームスでのアルバイトで、自身の力を試すとともに、様々なことを勉強してみるのはいかがでしょうか。