ビームス(BEAMS) 札幌

ビームス(BEAMS)の店舗は全国各地に点在しており、北海道には、「ビームス札幌」「ビームス・ボーイ札幌」「デミルクス・ビームス札幌」「ビームス・アウトレット千歳」の4店舗があります。

ビームスでは、商品スタイルによって、いくつかのレーベルに分けて展開しています。

たとえば、「BEAMS」は、1976年の創立とともに生まれたメンズカジュアルレーベルで、スポーツ、ワーク、ミリタリーなど基本スタイルのカジュアルウェアと、アイビー、ロック、サーフスケートといったスタイルを咀嚼し、現代的なカジュアルスタイルを提案しています。

「BEAMS F(エフ)」は1978年に立ち上げられたレーベルで、アメリカンカジュアルの「BEAMS」に対し、エフではヨーロッパのクラッシックをベースに、大人のためのエレガントなカジュアルウェアで構成されています。

1983年には、ビームス初のレディースレーベル「Ray BEAMS(レイ・ビームス)」が誕生します。

その他、オールド・アメリカン・スタイルをベースに、オリジナル、インポート、一点物のヴィンテージクローズなどの商品を揃えた「BEAMS PLUS(プラス)」、独自のコーディネートでファッションにとことん拘りたい人のための「Vermeerist BEAMS(フェルメリスト)」、ファッション・コンシャスでモダンスタイルを提案するレディースラインの「LAPIS BEAMS(ラピス)」、メンズレーベルBEAMSのアイテムをサイズダウンし、レディース向けとして開拓した「BEAMS BOY(ビームス・ボーイ)」などがあります。

2008年秋には、キッズラインの「こどもビームス」も誕生しました。

また、マタニティラインの「Merrier BEAMS(メリア)」や、イタリアサッカー界のスター選手、パオロ・マルディーニとクリスチャン・ヴェリの二人が手掛けるイタリアカジュアルブランドの「SWEET TEARS(スウィート・イヤーズ)」など、オリジナリティ溢れるレーベルの展開も繰り広げています。

これらのレーベルは、それぞれの店舗によって取り扱いが違います。

BEAMS札幌店では一通りのレーベルを取り扱い、メンズ、ウィメンズともに、デイリーユースからビジネス・スーツ、アクセサリーや雑貨など、性別や世代を問わない幅広い商品展開となっています。

「BEAMS BOY」レーベルで展開するBEAMS BOY札幌店では、ワーク、ミリタリー、スポーツ、アイビーなどメンズライクなファッションを好む女性向けの店舗となっています。

また、札幌には、クオリティコンシャスをコンセプトにした新業態店の「Demi-Luxe BEAMS」も出店しています。

Demi-Luxe BEAMSでは、コンサバティブなレーベルを取り扱い、上質感を大切にしたスタイルを提案しています。

アウトレット千歳では、メンズ、ウィメンズ共にカジュアルからビジネスユースアイテムまで幅広い商品をアウトレット価格で提供しています。

ビームス(BEAMS) 札幌」への1件のフィードバック

  1. wonderful points altogether, you simply gained a new reader. What would you recommend about your post that you made a few days ago? Any positive?