ビームス(BEAMS) 池袋

ビームスの池袋店で買い物を楽しんでみては如何でしょう。

このブランドは長くにわたり、日本のファッションのトレンドを先導してきたともいわれています。

男性のカジュアルファッションを中心に展開し、現在では女性ものも含めたトータルファッションを提唱しています。

ビームスの池袋店で買い物をしよう、という人は、ビームスのファッションを取り入れたいという人でしょう。

ビームスはただのファッションブランドではありません。

ファッションから生活雑貨にいたるまで、生活の総合プロデュースをする、ということを目的としたブランドです。

また、自分たちの製品を作って売る、というだけでなく、一定のコンセプトを持って、そのコンセプトに合致した商品を国内外から広く集め、それも自分たちのおすすめの商品として一緒に販売しています。

こうしたセレクトショップとしての動きをセレクトショップという概念がまだまだ定着していなかった時代から続けてきており、いまやこうしたショップはあちこちに見られるようになりました。

こうした意味でもビームスはファッションやトレンドを牽引してきた、また牽引し続けているブランドだということができるでしょう。

ビームスは池袋に店舗を構えているのでしょうか。

調べてみると、池袋には2店舗が展開されているのがわかります。

本社は新宿にありますが、長い間店舗の中心は原宿と渋谷でした。

ここでブランドのコンセプトや人気が定着していくこととなり、そこから全国につながっていったのです。

そうした中で池袋の店舗も展開されてきました。

ビームスの池袋の店舗は、2店舗とも東口に集中しています。

一つはビームスストリートという店舗で、こちらは自社と他社を合わせた取扱商品の中からカジュアルラインを集約させた店舗となっています。

次のトレンドになりうるであろうファッションを集めていることもあり、おしゃれの発信地としての役割も担っています。

店舗のディスプレイなどにも遊び心があり、ファッション感覚を上げるためにも定期的にのぞいている、という顧客も少なくありません。

ビームスの池袋の店舗のもう一方は、女性のためのファッションを集約させた小さな店舗です。

ファッションビルのパルコにテナントとして入っており、オンにもオフにも使えるファッションをコンセプトにちょっと大人の女性のためのファッションを提唱しています。

このように2店舗の役割は異なっていますので、自分に合った店舗で買い物をしてみては如何でしょう。