フェラガモ キーホルダー

100年以上の歴史を誇るフェラガモのキーホルダーは、種類も豊富で男女ともに喜ばれるデザインです。

イタリア生まれのサルヴァトーレ・フェラガモ(1898年 – 1960年)は、11歳のときに靴屋を開業、15歳で渡米しました。

その後、イタリアに戻り創業しました。人間にとって履きやすい靴を考えるため解剖学を学び、人間工学としての靴を極めました。

顧客として、イングリッド・バーグマン、マリリン・モンロー、オードリー・ヘプバーン、ソフィア・ローレンなど著名な女優が多数いたため大成功しましたが、大恐慌の余波から一度は倒産します。

人間にとっての靴を科学した商品で、王族、貴族などの心をとらえ見事に復活します。

復活後、同族経営の会社として、妻や子どもたちがブランドを支え成長させ、今では世界的に有名なトータルファッションブランドしての地位を確立しています。

フェラガモの製品には、見えないサンダルやヒールの部分が鳥かごをイメージして作られたものなど芸術品、美術品とよばれてもおかしくない素晴らしいものを世に送り出しています。

現在では、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど全世界に店舗がありまさに世界規模のブランドです。

また、製品は靴だけでなく、衣類やバッグ、アクセサリー、財布、キーホルダー、サングラス、香水など幅広く手がけ、男女ともに商品を提供しています。

フェラガモは、他ブランドのようにブランドによる価格という上乗せは少なく、あくまでも製品の品質に対しての価格という設定が行われていますので、決して高額なものではありません、これもフェラガモ人気の一因かもしれません。

そんな老舗の職人気質ブランド「フェラガモ」ですが、手軽なプレゼントにキーホルダーはいかがでしょうか。

男性から女性へ、逆に女性から男性へのプレゼントとして向いています。

タイプも色々取り揃えられており、ケースタイプ、リングタイプ、革製品、メタル製、色も黒、シルバー、ベージュなどがあります。

なかには、ネックレスになるような洒落たデザインのものもあります。

キーホルダーは、常に持ち歩きますので、かさばらず、軽量でシンプルな製品を選ぶと良いと思いますが、贈る方のライフスタイルにあわせたさり気ないお洒落として使えるようなキーホルダーを贈ると喜ばれると思います。

最近、マジックテープ付きの財布を持っている男性に対して、女性から批判的な意見が多いようですが常に持ち歩くという同じ用途のキーホルダーもそのうち批判の対象になるかもしれません。