フェラガモ バッグ

フェラガモのバッグは、もしかしたら代表的な靴よりも根強いファンを持っているかもしれません。

このブランドは1927年に創業し、活躍した同名のデザイナー、サルヴァトーレ・フェラガモに端を発します。

イタリアに生まれたフェラガモは、10代でアメリカに渡り、医学の知識を取り入れながらハリウッド俳優を相手に靴職人としての名声を集め、フィレンツェで本格的に事業を開始しました。

ですから、フェラガモといえば、靴をはずすことができないのは当然です。

ただ、フェラガモの良さは、確かな品質、使いやすさ、そして革をはじめとする素材へのこだわりにあります。

そのため、現在販売されているアイテムも、機械で大量生産されているものはなく、どれもきちんと職人の目を通して認められた素材で手作りされています。

フェラガモのバッグも、例外ではありません。

フェラガモがバッグを作り始めたのは、創始者の次女がビジネスに加わり、トータルファッションブランドとしてビジネス転換し始めた頃です。

今ではその方向転換が功を奏して、香水などのアイテムも増えましたが、その中でバッグはフェラガモの中で靴の次に歴史の深いアイテムとなるわけです。

フェラガモのバッグには、オーソドックスな、昔ながらのバッグのラインも残されています。

例えば、メッセンジャーバッグは、一見華のあるデザインではありませんが、使われている革はどれも確かなもので、しっかりとした作りをしていて、使いやすさもこの上ないので、手入れをすればするほど長く使い続けられる愛着ある一品となります。

一方、華やかな女性用のバッグもたくさん用意されています。

それも、どの時代でも、どの年齢にも愛される定番の上品なデザインのものから、最近の流行を取り入れたものまで、非常に多様です。

フェラガモのバッグの愛用者には、オードリー・ヘップバーンやモンローといった歴史上の伝説的な女優もいますから、当然の話です。

確かなブランド力があるので、フェラガモのバッグはビジネスシーンでも活躍します。

主に男性をターゲットとしたビジネスバッグは、黒革の重厚なデザインもあれば、カジュアルなスタイルにも使えるものまであります。

古いもの、新しいものを幅広く、柔軟に展開しながら、ブランドの根本となる揺ぎ無い品質を確固とする、それがフェラガモのバッグに見られる特色です。

イタリア職人が持つ誇りと、注ぐ情熱の権化とも言えるフェラガモのバッグは、一生のうちひとつでも、お気に入りのものを手に入れる価値のあるものです。