フェラガモ マフラー

フェラガモといえばシューズの一流ブランドとして世界中で高い認知度を誇っていますが、アパレルについても評価が高く、服飾品としてのマフラーやスカーフ、ネクタイなどもトータルコーディネイトの一環として揃っています。

もちろんフェラガモが企画するアイテムですから、服飾品であっても品質やデザインに妥協はなく、フェラガモファンの期待を裏切らないハイレベルな仕上がりとなっているのは言うまでもありません。

特にマフラーは秋冬ファッションのアクセントとしては重要であり、バラエティー豊かな展開となっておりますが、全てイタリア製であるのはやはりフェラガモならではでしょう。

素材がカシミア100%のフェラガモマフラーは定番でもありますが、とってもなめらかで上質な手触りのカシミアウールはフェラガモのイメージにまさにぴったりです。

ちなみにカシミアとは、インドの北部高山地帯のカシミールカシミア山羊から取れた毛または毛織物のことで、高級素材の代表とされており、毛質は繊細かつ柔軟で独特のぬめり感があるのが特徴です。

保温性と保湿性にも優れ、優しく暖かく首周りを包み込む高級マフラーには最適素材となっています。

縦ストライプ柄のものではフェラガモの象徴であるガンチーニのデザインがアクセントになっており、カラーはネイビー地にホワイトとグレーのストライプ、グレー地にブラックのストライプなどが揃っています。

本体の長さは約170cm、幅は23cmあり、たっぷりしたサイズだといえます。

マフラー的に使えるスカーフも重宝しそうです。こちらもカシミア100%素材で、本体の長さは約160cm、幅は24cmと寸法は十分ですが、やや薄手のタイプとなっており、秋や梅春期でも活用できます。

レディスでは全体柄のタイプがフェラガモマフラーの定番と言えそうで、ややエスニック調のカラーもナチュラルなブラウンやエンジ、ベージュ系を使ったものが多く、派手さはありませんが、気品あふれる雰囲気で、パーティなどはもとより、カジュアルでもコーディネイトできそうです。

本体の長さは約160cm、幅は43cmというタイプが中心で、防寒性も十分でしょう。

ところでフェラガモは製品に対する完璧主義が徹底しており、未だかつて他社に生産ライセンスを供与したことがありません。

こうしたマフラーなどの服飾品ではライセンス製品がよく出回っている昨今ですが、フェラガモは全て自社製品ということで、確かに価格は高いですが、それに見合う満足感と使用感が得られるのが最大のアピールポイントだと言えるでしょう。