フォリフォリ(Folli Follie) キーリング

手頃な価格でラグジュアリーなデザインのアクセサリーブランド、フォリフォリのキーリングはさりげなく大人の女性のかわいらしさをアピールできるアイテムとして人気です。

フォリフォリはギリシャ発のブランドで、リーズナブルなプライスで女性を美しく見せてくれるすてきなデザインのアクセサリーや時計、バッグなどを次々と発表し、またたくまに世界中に愛されるようになりました。

そんなフォリフォリが作るキーリングは、実用的で、かつおしゃれなため愛用され続けています。

フォリフォリのキーリングにはシンプルな丸型のものや星型のものなどがありますが、一番人気で有名なのはやはりハート型のキーリングではないでしょうか。

シルバーのつるりとしたフォルムのハートキーリングはフォリフォリのロゴが正面に入っており、飽きの来ないすっきりとした形です。

大きさも全長が4.2センチ、リング部分の直径が2.4センチ、厚みは0.6センチと手のひらの中にすっぽりとおさまるサイズです。

ステンレススチール製で丈夫ですから、簡単に傷がつく心配がありません。

また、ファッションブランドが作ったキーリングの中には見た目を重視するあまり、肝心のカギをロックする機能が弱かったり、金具部分が弱かったりすることがありますがこのキーリングはそのような心配は要りません。

太めのリング部分を一度上に持ち上げ、それをひねって開閉するため、大事なカギをしっかりとロックしてくれます。

このフォリフォリのキーリングは実際にカギを通して使用するのはもちろんですが、中には革紐やボールチェーンなどに通してペンダントとして使う方もいるようです。

たしかに、ふつうのアクセサリーに見られてもおかしくなさそうな洗練されたデザインですよね。

余裕は細部にこそあらわれるとよくいいます。

いくら流行のファッションに身を包み、顔をバッチリメイクできめていても、爪の手入れがちゃんとされていなかったり、髪の毛先が傷んでいるのはかえって見苦しいと思います。

小物もそれと同じです。バッグや靴にこだわっている女性でも、持っているお財布がよれよれだったり、化粧ポーチが汚なかったりすると何だかガッカリしてしまいませんか?

キーリングは取り出す機会が多いだけに人目につくことが多い小物です。

きちんとしたものを使いたいからこそ、かわいくて丈夫なフォリフォリのものをおすすめします。

自分で選んだお気に入りのキーリングは、毎日使うたびにちょっとした喜びを与えてくれるのではないでしょうか。

フォリフォリ(Folli Follie) キーリング」への9件のフィードバック

  1. Good day! I could have sworn I’ve visited your blog before but after looking at many of the articles I realized it’s new to
    me. Regardless, I’m certainly pleased I came across
    it and I’ll be bookmarking it and checking back frequently!

  2. Quality articles is the crucial to attract the viewers to pay a quick visit the web site, that’s what this web site is providing.

  3. Hey! This is my first visit to your blog! We are a collection of volunteers
    and starting a new initiative in a community in the same niche.
    Your blog provided us beneficial information to work on.
    You have done a outstanding job!

  4. Its like you learn my thoughts! You seem to grasp so much approximately this, like you wrote the guide in it or something.
    I think that you just could do with some percent to drive the message house a little bit, but instead of that, this is great blog.

    A great read. I’ll certainly be back.