フォリフォリ(Folli Follie) 店舗

フォリフォリの店舗は、日本を含め、世界25ヵ国で、350以上存在すると言われています。

そのうちおよそ80店舗が、日本国内に販売拠点として置かれており、日本でのブランド運営は、株式会社フォリフォリジャパンによって行われています。

北は札幌、南は鹿児島まで、公式でなくてもフォリフォリの商品を扱うセレクトショップも合わせれば、全国を幅広くカバーする店舗が存在することとなります。

少し大きな中心街まで出れば、購入することができるのですから、国内にはもはや購入することが不可能な土地などないでしょう。

さらに書き加えれば、フォリフォリの公式サイトでは、オンライン通販も行われており、限定商品やアウトレットセールの品まで揃っています。

ここまで書いただけでも、フォリフォリの商品にどれだけ人気があるのか、見て取れるような気がします。

フォリフォリは1982年に、ヨーロッパでも指折りのバカンス地、ギリシャで生まれたトータルファッションブランドです。

主翼となるのは、ジュエリーや腕時計、バッグなどのアクセサリーで、その華やかなデザインが、女性から広く支持を受けています。

2000年頃からは、イメージディレクターのケティ・クーチョリューチョスの意向により、18Kやボリュームのある石を大胆に散りばめたデザインが多く用いられ、リッチでゴージャスな素材使いは現在のコレクションにも引き継がれています。

フォリフォリのデザインは、華やかでいて、主張が強すぎるわけでもないので、ほどよいアクセントとなり、ギャル系のファッションから、カジュアル、フォーマルを問わず、様々なスタイルに合うのが魅力です。

ブランドのコンセプトは、手頃に買える価格でありながら、ファッショナブルなラグジュアリー感を備えていることで、そのことから若い女性にも高い人気があります。

ブランド創立にあたっては、女性がファッションヴィクティムから脱し、自分のためにファッションを選び抜く存在になれるようにという想いが込められています。

フォリフォリの店舗数の多さは、ブランドが掲げるアフォーダブルというキーワードに通じるところがあるのでしょう。

フォリフォリの店舗が一番多い地域は、やはり東京です。

主要百貨店をはじめとして、10箇所以上に拠点を置いており、他地方と比べても群を抜いてます。

次いで多いのが、横浜や大阪、神戸といった大都市です。

各県、大手百貨店や大規模商業施設に入っていることが多いので、気になる人はそこを中心に調べて見ましょう。またフォリフォリは、アウトレットモールへの出店数が多いのも特徴です。

千歳アウトレットモール・レラ、軽井沢プリンスショッピングプラザ、御殿場プレミアムアウトレット、三井アウトレットパーク・ジャズドリーム長島、りんくうプレミアムアウトレット、鳥栖プレミアムアウトレット、以上の6施設に店舗が置かれているので、近くにお住まいの方は、必見です。

フォリフォリのデザインチームは、拠点となるギリシャに加えて、時計で名高いスイス、ファッションの国イタリアを加えた3国のチームで構成されており、他のブランドと同様に、春夏、秋冬の年2回、コレクションが披露されます。

今後はブルガリ同様、ルイヴィトンを追随すべく、バック部門を拡充して、さらなる市場の獲得を目指します。これからもフォリフォリ人気は過熱していきそうですので、お近くの店舗を調べてみてはいかがでしょうか。