エドウィン(EDWIN) バイク

エドウィンから、バイクに乗るとき履くのに最適のジーンズが出ています。

バイクといえばレザーパンツという方が多いですが、特に夏は重くて暑く、冬でも寒さこそしのげるもののお世辞にも履き心地がいいとはいえません。

とはいえ普通のジーンズだと風通しはいいけれど寒かったり、エンジンの熱でジーンズの中が蒸れて暑くなってしまうなど、ファッション性はよくても機能面には問題がありました。

寒さのあまりジーンズの上に防寒着を着るのもモコモコして格好がわるいものです。

エドウィンの503RVゴアウインドストッパーレギュラーストレートデニムジーンズは、防寒用の生地で有名なゴアテックスとエドウィンブランドがコラボレーションしたデニムです。

503RVはもともとエドウィンの人気シリーズでしたが、そのジーンズにアウトドアやバイクウェア、パーカーなどで多用されている高機能素材のゴアウインドストッパーを組み合わせたものです。

防風性、透湿性が非常に優れており、今までのデニムと比べても風通しがはるかに良くて内部が蒸れません。

バイクに乗っていてめまぐるしく変化する気温や環境に対応し快適に履くことができるすぐれもののジーンズなんです。

エドウィンのウインドストッパーにはメッシュ裏地のもの、起毛裏地のものなど、現在4タイプが展開されています。

メッシュ裏地のものはリアルなほつれや色落ちを実現していながら、オールシーズン対応してくれます。

高機能でありながらヴィンテージ感も併せ持っていて、バイクに乗っているときはもちろん、タウンユースにもぴったりのおしゃれ感を演出してくれます。

起毛裏地タイプはさらに防寒性に優れています。

高密度な裏地を起毛させることにより、真冬でも暖かく着用できるのが特徴です。

そのうえ肌触りがいいので、長時間バイクにまたがっていてもOKの着心地です。

2005年にデビューして以来大人気のこのエドウィンのウインドストッパーは、値段は一本18900円からと少々高めですが、あらゆるシーンに使えてしかも丈夫で高機能ですから、重宝することと思います。

これからますます寒い時期になりますが、そんな季節もツーリングに行かれる方におすすめなのは、少し大きめのサイズを購入されることです。

中にあたたかいインナーを履けばより保温性が高まりますし、大きめのサイズだと着ぶくれして見栄えが悪かったり、履き心地がモコモコして気になるということもありません。

ぜひ試してみてください。