ブラック コムデギャルソン

コムデギャルソンが今年6月に新ブランドとしてブラック・コムデギャルソン(BLACK COMME des GARCONS)を立ち上げ、渋谷パルコ・パート1の1回に1年半の期間限定でオープンしました。

ブラック・コムデギャルソンのコンセプトは「個性ある、かっこいい、しかも手ごろな価格」ということで、今の時代の若者に、身の丈に合ったお洒落を提供しています。

期間限定を掲げていますが、これが若者の間に定着すれば、期間延長もしくはブラック・コムデギャルソンが1ブランドとして確立する可能性もあるのではないでしょうか。

日本の経済がこの先上向いたとしても、すぐにバブル期の様に高額ブランド品に群がるようにはならないと思われるからです。

ブラック・コムデギャルソンが価格を手ごろに抑える事が出来たのは、安価で入手できる素材に限定したためでもありますが、一部の購入客から縫製の点で指摘があったことを考えると、仕上げを海外に委託した可能性もあるでしょう。

しかし、それでもこのブランドに対してこの価格の低さ、という魅力にはかないません。

コムデギャルソンはやはり格好良いのです。

イメージを固定させることなく、時代の流れに逆らうことなく、流されることもなく、独自に切り開いて動き続けるパワーが身につける人をも元気にするのかも知れません。

新企画やコラボであっと言わせたかと思うと、その時にはもう既に次の企画の事を考えていて、2ヶ月も開けずにまた我々を驚かせてくれます。

「H&M」とのコラボもそうですが、ヴォーグ ニッポンとのコラボで更にバージョンアップを果したコムデギャルソンは、一流ブランドでありながら高級感にこだわる事なく、幅広い年収層に提供出来るキャパを持ち続けているのです。

それが生き残って行ける秘訣なのでしょう。

ブラック・コムデギャルソンで今売れているのは、ショップメディコムトイとのコラボで実現した、綿100%のベアブリックTシャツでしょう。

黒を基調に白で描かれたベアブリックのプリントがフロントに施されています。

価格は税込みで14,700円で、安くはないもののコムデギャルソンとしては割安感があります。

定番の水玉模様ドット柄の手刷りTシャツですも同様の価格で売られています。

そのまま着用するにも、ジャケットやシャツのインナーにしても格好良いデザインです。

新宿伊勢丹にも同様に期間限定ショップがありますが、前面がモノトーンチェックになっている手刷りのTシャツには、左下の空白部分にBLACK COMME des GARCONSのロゴが入っているのが人気です。

このモデルは女性用も用意してあり、他のTシャツよりやや割安の税込み14,490円での提供で、やはり綿100%となっています。