COACH(コーチ) シグネチャー

COACHといえば誰もが思い浮かべるのが、CCのロゴマークで構成されたデザイン・シグネチャーです。

COACHはアメリカのニューヨークのマンハッタンで生まれた、バッグで有名な人気ブランドです。

世界中のヤングセレブたちから愛され、そのCCのロゴは私たちにも大変なじみ深いものとなっています。

1941年に誕生したCOACHですが、このシグネチャーラインは意外と新しく2001年に発表されました。

シグネチャーとは署名のことで、代表的なという意味もあります。

このラインを生み出したのは1996年にCOACHに迎えられた、デザイナーのリード・クラッコフです。

リード・クラッコフは経験豊富なデザイナーであり、COACHにクリエイティブ・ルネッサンスを巻き起こします。

そして誕生したのが誰もが一目でCOACHのバッグだと判る、ロゴマークをかたどったシグネチャーラインなのです。

リード・クラッコフは多くの作品を生み出しただけでなく、現在はCOACHのプレジデント兼エグゼクティブ クリエイティブ ディレクターとしてブランドを力強くけん引しています。

シグネチャーはいまやブランドの顔として高い認知度を誇っています。

シンプルなベージュの地にブラウンのロゴという取り合わせは、上品でどんな装いにも合わせやすい基本のトーンですね。

しかし現在はさまざまなアレンジを施されたものが登場しています。

とっても細かなモノグラムのミニシグネチャーや、オプアートシグネチャーも人気です。

オプアートとはオプティックアートのことで、オプティックアートとは錯視を利用した幾何学的なだまし絵のことです。

錯視を利用することで幾何学模様に不思議な奥行きを与える魅力的なデザインで、同系色のカラフルなロゴを幾何学的に配しているのが特長です。

さらにスクリブルというデザインもあります。スクリブルとは落書きのことで、その名の通りカラーペンで手書きしたようなデザインのラフなシグネチャーになっています。

カラフルでのびやかな楽しいデザインで、カジュアルにはぴったりですね。

こうしたさまざまなシグネチャーや柄をはぎあわせた賑やかなパッチワークデザインもあります。

ハンドバッグやショルダーバッグ・最近人気のトートバッグはもちろん、アクセサリーからブーツ・キーホルダーなどあらゆるアイテムにシグネチャーはアレンジされています。

なんとコートのオセロット柄にも、CCのロゴが隠れているのです。

COACHが大好きという方にはたまらなく魅力的なシグネチャーは、このブランドの顔です。

上質の証でもあるこのロゴマークがおどる魅惑のアイテムを、あなたも身につけてみませんか。