COACH(コーチ) マディソン

COACHのマディソンのバッグはどのようなバッグなのでしょうか。

このブランドはバッグを中心に多くの商品を展開していますが、その中でマディソンとはどのようなタイプのバッグなのか、ということを見ていきたいと思います。

COACHはマディソンをはじめ、多くのタイプのバッグを発表しています。

タイプや種類によってそれぞれに名前がつけられているので、COACHのバッグを探すときには、この名前による分類を知っておくといいでしょう。

ガーネットやアレックス、ポピーなどの名前を聞いたことがありませんか。

これらの名前はこのブランドのバッグの分類としてつけられている名前の一部です。

マディソンもその一つです。COACHのマディソンには、たっぷりと入るボストン型のバッグがあります。

ハンドルが二つついているタイプのボストンで、肩掛けができるストラップを着脱することができます。

ファスナーで開閉するタイプのボストンですが、間口が広いので、荷物の整理や出し入れがしやすく、使いやすい形です。

カラーなどは落ち着いたレザーの単色が中心ですが、シグネチャーが用いられているものもあります。

このバッグの大きな特徴としては、ブランドロゴのタグと馬車のモチーフがつけられている、というところにもあります。

メタルでグレード感のあるこれらのタグは、バッグの大きなアクセントにもなっており、シンプルなレザーの単色でも、このロゴがデザインをひきしめてくれています。

COACHのマディソンは、すべてがボストン型のバッグというわけではありません。

さらに展開されているデザインを見てみると、ショルダーバッグタイプのデザインもあります。

底のマチが広く、間口を少しせばめてある台形型のバッグで、ショルダーストラップも含めると三角形のシルエットになっており、大人の女性に好まれるタイプのバッグとなっています。

こちらもボストン型と同様、シンプルな単色レザーや落ち着いた感じのシグネチャーが用いられており、かなりシンプルで大人っぽい雰囲気に見えます。

こちらのショルダーバッグでも、金色のブランドロゴのタグと馬車のモチーフのタグが金色でつけられています。

ロゴやモチーフが落ち着いた感じなので、バッグ自体がかなり上品な作りに見えます。

ビジネス用などにも使いやすいタイプということができるのではないでしょうか。

COACHのマディソンは、このほかにワンショルダーのポーチ型のバッグもあります。

こちらはかなり小ぶりでオフのお出かけに活用できそうな形です。

こちらも金のロゴが目印です。