COACH(コーチ) メガネ

メガネは、視力が悪い方にとっては必需品の一つとして数えられることが多いアイテムですが、人気ブランドであるCOACHのメガネを愛用する方も少なくありません。

COACHというと、「メガネ」というよりは「サングラス」のイメージが強いと思うのですが、サングラスではない普通のメガネのフレームにも、COACHのデザインが取り入れられています。

そのスタイルの流行も、その時代その時代で大きく様変わりするものですが、最近の流行は、ひところに比べると、フレームがしっかりっとインパクトを与えるような太めのメガネに傾いているようです。

とあるサイトにお邪魔してメガネのコーナーを散策していたら、やはり最近の流行を端的に表現している陳列エリアを見つけました。

そこはたまたまCOACHのフレームのエリアだったのですが、ほとんどのフレームがしっかりとした太めのフレームでした。

正直なところ、私自身、あまり流行に敏感とは言えない、というよりは、まったくの流行オンチと言うべき範疇に属すると思うのですが、さすがにCOACHのメガネフレームを見れば、まず流行から外れているということは考えにくいですから、安心して「候補」にさせてもらいました。

率直な印象を言えば、サングラスに比べるとそれほど種類(フレームのスタイルとしての)は多くないのですが、ひとつひとつのフレームがしっかりと存在感をアピールしているといった印象がCOACHのメガネの特徴でしょう。

ちょっと前までは、メガネフレームはむしろ目立たないくらいなおとなしめの印象のメガネが主流であったという印象がありましたが、COACHのメガネに代表されるように、最近では存在感あるメガネフレームをよく見かけるようになりました。

でも、COACHのメガネを見ていると、もしかしたら、その流行という線路の「ポイント切換え」の役割を果たしたのは、誰もが知る人気ブランドのCOACHだったのではないか、という気さえします。

おそらくCOACHというブランドが「ファッションリーダー」として時代を築いていることに、自他ともに異論はないずです。

ですから、メガネのスタイルのリーダーとして時代を動かしたのがCOACHであったとしても、まったく不思議はありません。

一般的なメガネフレームに比べると、多少なりとも高い金額が提示されることになると思いますが、そこは「ファッションリーダー」のブランドだけにいたしかたのないところでしょう。

もちろんそれだけ価値があることも疑う余地はありません。