COACH(コーチ) メッセンジャーバッグ

COACHのメッセンジャーバッグは革製品からナイロン製品まであり、もちろん、シグニチャを含め多彩なデザインバリエーションがあり魅力的です。

COACHは、1941年、ニューヨークで皮革工房としてその産声を上げました。

当時は、野球のグローブに使われる素材を利用したバッグを6名の職人が手作りで作っており、顧客ターゲットは男性でした。

その後、日本を初め世界各国で認知度を高め、高級ファッションブランドして定着しました。

日本初の店舗は1988年、韓国の旗艦店は2006年、その後、2007年には東南アジア初の旗艦店、2008年には香港に旗艦店がそれぞれオープンしています。

取り扱い商品もバッグにとどまらず、時計、アウターウェア、サングラス、ジュエリー、フレグランスと拡大しています。

その社歴の中で大きな転換期が1985年の買収、そして、日本で女性を中心に人気を博しているキャンバス地にCマークがあしらわれたモノグラム柄をデザインした1996年のリード・クラッホフ氏の参画です。

現在のCOACHについて、その企業としての魅力は、高級ブランドでありターゲットが高所得者であること、反面、アウトレット販売によって中所得者~低所得者までをカバーしていることです。

アウトレット販売については、ブランド力の低下を懸念する意見もありますが、現時点での高調具合から杞憂に終わっています。

そんなCOACHのメッセンジャーバッグには、ハンドバックのようなカラフルで奇抜なデザインのものはないのですが、しっかりとした機能的なデザインが人気です。

メッセンジャーバッグに求められる機能は、日常のショッピング、旅行、カジュアルファッション、アウトドア、ビジネスバッグなど用途や場所、季節をあまり限定しない多機能さや重宝さではないでしょうか。

また、着用に関しても、ショルダーバックのように手軽に斜めがけや肩がけもできるようなデザインも人気の秘密です。

もちろん、COACHのメッセンジャーもそれらが十二分に配慮れています。

大小様々な大きさの商品が揃っていますが、どれも、収容能力は大きくポケットも良い感じで配置されていますので、大物、小物問わずに簡単便利に収納することができます。

コーチの品質・耐久性・機能性・スタイルという創業当時から引継上がれている伝統は、メッセンジャーにも当てはまりますので安心して購入、利用できる品として仕上がっています。

数あるCOACHのメッセンジャーバッグですが、日本で一番人気のシグニチャラインのメッセンジャーバッグは、とても、可愛らしく小型なので女性におすすめです。